不動産を買いたいときに検討することとは?

新築の武蔵村山市」の不動産を買いたいと思い、この時に役立った基礎知識についてご紹介します。

買いたいときに検討すること

不動産の購入を考える場合にはどのようなことを検討しておけば良いか、また、それらを検討するにあたっての留意事項について説明します。

1.どれだけの予算で探すか

不動産の購入に関しては、どれだけのご予算で物件を探すことができるのか検討しておくことが必要不可欠です。不動産会社に物件探しを依頼するにしても、予算が確定していないと探しようがありません。

また、予算を立てるうえでその内訳として、あれもこれも自己資金でまかなうのか、住宅ローンを組みたてるのかなどについてもチェックしてみておくことが必要です。

とりわけ、住宅ローンについては現在の収入でいくらまで融資が受けられるのか、目安となる金額を捉えておくことが欠かせません。また、融資を受けることができたとしても、その返済が月々どのくらいになるのか、当該の返済をしながら暮らしていくのに問題がないかについても先だって検討しておくことが必要です。

2.資金計画

不動産の購入には、本体価格のほかに付随する費用が必要になってきます。購入形態や条件によってバラバラですが、メインの付随費用としては仲介手数料、登記費用、契約印紙代、固定資産税等の清算金、不動産取得税、融資保証料、火災保険料、修繕積立一時金、引越費用などがあります。こういった類の付随費用を対象としたローンやこれらを含めて融資する住宅ローンも見受けられますが、基本的にはこういった類の費用は現金による支払いが殆どですので、資金計画に入れておくことが不可欠です。

3.どちらの地域・種別で探すか

どのエリアで探すかもあらかじめ決めておかなければならない項目です。購入活動を持続するうちに、希望のエリアと希望の予算では、納得のいく物件を見つけることができない場合は、もっと郊外に希望エリアを拡大するなど、活動のプロセスにおいて変更が必要となることもあります。鉄道の沿線や駅、駅からの距離などある程度希望の地域を広く定めておくことも必要になるかもしれません。

また、戸建住宅かマンションか、新築物件か中古物件かなどについても前もって検討しておくことが必要です。おのおの一長一短がありますので、特徴を熟考して家族で話し合い、検討しておくことが必要でしょう。

4.どのくらいの広さ・間取りで探すか

いかほどの広さ・間取りの物件を探すかもあらかじめ決めておかなければならない重要な事項です。また、方角や階高(マンションの場合)についても、拘りがある場合は条件を決めておくべきでしょう。駅からの距離、建物の広さ、築年数、方位、マンションに於いては階数など、さまざまな要因のなかで優先順位や譲れない部分などを整理しておくと、物件探しが遅滞なく進むようです。

リフォームを検討する場合には費用や構造上のリフォームの可否のみならず、マンションの管理規約等でリフォームが制約されていないかチェックしてみておくことが大切になります。